FEETNESS™️ フィートネス

100歳まで表彰台を目指せる強い足腰を作るためのプログラム

足は体の土台です。

安定した足、自由自在に動く足指を取り戻し、

日常生活や歩行、スポーツなど、

足からあなたのポテンシャルを最大限に引き上げ、

100歳になってもあなたが挑戦できる体づくりをします。

インソールを初めて使う時、足の裏が痛くて使えない人がいる

私はフィギュアスケート選手、スポーツ選手、会社経営者などにオーダーメイドインソールを作って販売する仕事を、世界中で20年近く携わっています。

 

最初のスタートはカナダの足病医と義肢装具士が作る足型をとって作成するインソール(Orthotics)をスケート靴用に作り、フィギュアスケーター向けに販売することが始まりでした。理論上、踵や足のアーチが倒れ込むのを下から物理的に持ち上げるので、インソールをスケート靴に入れてその場で試すと、今まで内側に入っていた膝がまっすぐになり、硬いブーツの中で当たっていた骨が当たらなくなり、痛く無くなって快適になります。飛び跳ねてみると足の指が使えるようになって、思いっきりジャンプできます。

 

ほとんどのお客様が明日からの練習に期待いっぱい、ワクワクして帰られます。「これで、もうアウトサイドエッジに乗れる、アクセルやルッツが飛びやすくなる。あなたは本当に素晴らしいものを開発したわね。これで高額で限られた時間数しか確保できないレッスン代やリンク代が有効に使えるわ。本当にありがとう。」と喜んで当時私が販売していたインソールを感謝して購入してゆきます。

 

しかし、数十人に一人程度の割合で、「足の裏が痛くて使えない」「インソールを靴の中に入れて滑り続けられない」という内容の連絡が当時はありました。

足の裏の感覚や違和感は人により異なり、

誰にそのような違和感が起きるか、強い痛みが起きるかは、足の構造や歩行、動きが複雑に絡み合っているため、簡単に一律に言い表せません。

 

何年かこの仕事をし続けてくると、この足だと多分痛みが出るなというのが判明してきました。足を見たり、靴を履いて滑ったり動いたりしている姿を観察したり、使用している靴、所作を詳細に観察し、経験から一定の予測ができるようになるからです。

インソールは作ってみたものの、サポート力がある靴が手に入りにくい

ここでまた問題に気がついたのは、日本国内では靴の価格が最もサポートが必要な時期の子供や転倒しやすい高齢者向けの靴は安いもの、値段を抑えるために構造が簡易的なものが多く、またそれを医者や職人が日本人の足にはこの靴が良いのだとお墨付きをつけて販売しているため、ヨーロッパや北米、中国などと比較しても考えられない、チープな作りの足を保護する機能の少ない靴が販売されています。

 

これは大手国内靴メーカーも海外では高額モデルを販売しているのに、国内では廉価版しか販売していなかったりします。そのため、弊社はスポーツ選手や足の機能を改善したい顧客がほとんどなので、並行輸入で靴を欧米から取り寄せたりしています。

 

日本国内では靴の生産は今はほとんど行われておらず、日本の匠の靴づくりと言っても、職人さんはもう70代になってしまい、スポーツシューズの街イタリアのモンテベルーななどと同じく日本の靴の製造技術は中国に移ってしまいました。

 

そして、足をしっかりサポートし硬いアスファルトの上でも足を守ってくれるような靴は非常に高い関税障壁があり、ドイツ、イタリア、スペイン、ベルギー、オーストリアの靴などは3、4万円の販売価格からとなります。近所で有名メーカーが早く走れる靴、ウォーキング用の靴、足に疲れない靴というキャッチコピーで3千円や6千円で販売していたら、特に子供の場合は成長するからそれで良いやとか、高齢者だとそんなに歩けないからお金をかけなくてもいいやと判断してしまうことが多くあります。

​好ましくない靴の事例

コンバース2_CC_アートボード 1.png
UGG2_CC_アートボード 1.png
パンプス2_CC_アートボード 1.png
ビジネス2_CC_アートボード 1.png
3E_CC_アートボード 1.png
クロックス2_CC_アートボード 1.png

人間にとって不自然な硬いアスファルトの上や平な地面を長年歩き続けてきた人は、足の筋肉や腱が固まって骨を引っ張り、傾いてしまっていたり、骨が飛び出てしまったり(外反母趾や内反小趾)、足の指が歩行で支えていないため、爪が巻き爪になっていたり、厚ぼったくなってしまいます

 

それを外科的にまたは一時的に整形外科的に切断したり、皮膚科的な処置で爪やタコを削ったり、保険医療の20分程度の理学療法の時間で引っ張って元の形に戻そうとしたり、整体で30分や60分の間一時的に外圧を加えて、整えようとしても、また日常の生活に戻り、足や歩行環境が変わらないと同じ箇所に同じ症状が現れ、問題を繰り返します。

長期にわたって作ってきた体や動きの癖を改善するには根気と時間がかかるのですが、ほとんどの方が「インソールは意味がなかった」という結論を簡単に出し、使用を停止してしまいます

 

足の専門課が病院に存在しない日本は、欧米や中国、中東などに比べても、一般人の足に対する教育レベル、重要性の認識は非常に低いため、そもそもインソールを使用して体を整えてゆくという考えが少数派です。

 

インソールも流行のダイエット食品のように「やっぱりダメだった」と認識され、同じような新商品(膝のサポーター、足首サポート靴下、テーピング、靴、トレーニングメソッド、飲むサプリメント)を次々と試してゆき、結局何も変わらないか、さらに足から体を悪化させてしまう方ばかりなのではないでしょうか?

そこで、私がフィギュアスケート選手に実施している足の機能回復プログラムを、FEETNESS™️という名前で一般の方・高齢者にもご紹介することとなりました。

FEETNESSに必要な項目

1)まずは自分の歩行と姿勢の理解:A.I.健康歩行診断セノゲイト測定

2)TOKYOINSOLL 正しい歩行を足裏の感覚受容器や足のアライメントから導き出す

3)足と使用目的に適した足を支える靴:足や膝が正しい方向に動くように補助する

4)足のコンディショニングをセルフケアで行う道具とメソッド:長年の足や歩行の癖から起こる過度にかかる足への負担を軽減させ、足をニュートラル(産まれたばかりの癖のない足と同じ状態)に戻す筋肉・腱・筋膜を自分で整えるセルフケアやエクササイズ

5)FEETNESSのプログラムを実施した結果の評価できる指標:A.I.健康歩行診断セノゲイト測定

IMG_7090.png
52A3D81A-25A8-407C-8A0E-F42D56B05372.png
FEETNESS_FISH.png
FEETNESSツーボール.png
sennogait_image.png
筋膜.png
足ぼかし.png
tokyoinsoll_6.png

筋膜リリースとインソールを併用するメリット​​​​​

筋膜は全身を覆う一枚の膜のようなものです。筋膜の一部が癒着したり、よじれると、その部位の動きが悪くなり、姿勢が悪くなったり、痛みが出たりする原因となります。

筋膜は道具を使って、こする・伸ばす・寄せるなどの刺激を与えると、よじれを整えることができます。これを筋膜リリースと言います。

FEETNESS筋膜リリースによって、傾いた足のアライメントをニュートラルにした状態でTOKYOINSOLL を使えば、 まっすぐな足元をキープ出来ます。

FEEETNESS™️ツーボールのやり方

ツーボールを使うと、一度に広い面積の筋膜リリースができます。

​自分の体重を使って、効率的に足裏やふくらはぎなどをリリースできます。

FEEETNESS™️フィッシュのやり方

お魚の形の背面・とがった部位などを活用し、狭い面を奥深くリリースする時に使います。

陶器でできているので、割らないよう気をつけてお使いください。

​服や靴下の上から使えます。素足の場合はオイルを使用してください。